読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kondoumh のブログ

- とあるソフトウェアエンジニアのめったに更新されないブログ -

ITエンジニアのための機械学習理論入門

技術評論社さんから頂きました。頂いてから何ヶ月も経ってしまいました・・ ITエンジニアのための機械学習理論入門作者: 中井悦司出版社/メーカー: 技術評論社発売日: 2015/10/17メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る 本書では最初に…

ストック情報サイトを Tumblr に移行した話

自分用のストック情報を Google Sites で管理しています。ソフトウェアやガジェットについてメモとかちょっとした評価などを書いている自己満サイトで、ほとんどアクセスもありません。この手の内容は以前 Blogger に別ブログを立ち上げてましたが、あまりに…

SQL Server 2008 R2 セルフサービスビジネスインテリジェンス

SQL Server 2008 R2 の情報が充実してきています。 http://www.microsoft.com/japan/sqlserver/2008/r2/prodinfo/default.mspx自習書シリーズというのもあって、SQL Azure(SQL Server のクラウド版) への移行方法など日本語で手順がわかって便利です。セルフ…

BI記事第2弾公開です。

豆蔵ソフト工学ラボでBI入門記事第2回を公開しました。前の記事は4月に書いたのですが、忙しさにかまけてもう12月になってしまいました。 今回は、OLAPの基礎概念の解説です。Excelのピボットで販売データの分析するというシナリオで「スライシング」、「ダ…

豆蔵ソフト工学ラボでBIついての記事を連載開始しました

豆蔵のソフト工学ラボで、BI(Business Intelligence)についての連載記事を始めました。 業務アプリ開発者・情シス部員のためのBI入門 表題通り、ターゲットは情報システム部門の人や業務アプリ開発者を想定しています。初回は、 BI概説〜Google Analyticsを…

アクセス解析事始め

Webサイトを運営している者としてはコンバージョン率を高めることが一つの目標になると思います。 コンバージョン率とは、そのサイトを訪れた人が、最終的な「購買」などの行動にどの程度遷移したかを表す比率のことだと思います(間違ってたらごめんなさい)…

iEditのダウンロード状況(Vector)

iEditはMH HOME以外にVectorにも登録しているので、Vectorからもダウンロード可能です。 Vectorからは、月に1回のペースでメールが届いて、累積のダウンロード数を知らせてくれます。メールがけっこうたまったのでダウンロード数の推移をグラフにしてみまし…

Java Data Mining API

Java Community Process でJava Data Mining API が公開されています。現在は、バージョン2.0のドラフトが出ている段階で、Oracleがspec策定の先導をしているようです。Javaxパッケージになっていて、クラスタリングや決定木、時系列解析はもちろんのこと、S…

マイニングの予測モデルをビジュアル化

通勤途中にあるコーヒーショップではじめて無線LANのホットスポットに接続でき、コーヒーを飲みながら快適にモバイルができました。ゆったりとメールチェックやWebのニュースを読んでから出勤できて、落ち着いた感じで仕事に入れました。 現在データマイニン…

EclipseでBIレポーティング

EclipseでBIRT(Business Intelligence and Reporting Tools)というプラグインのプロジェクトのがあるのを知りました。。レポートデザイナの実装にはGEFを使用しているようです。けっこう興味を惹かれました。TomcatとかMySQLとか色々入れないと動かないよう…

興味を引かれた書籍

久々に神田の書泉グランデに行きました。新しげなQtの本を見つけました。Qt GUIプログラミング (C magazine)作者: Jasmin Blanchette,Mark S,杵渕聡|杉田研治出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ発売日: 2005/07/30メディア: 大型本 クリック: 62回…

boost::signal

台風が近づいてます。C Magazine 2005.9 で epistemeさんのオブジェクト工房の記事にあったboost::signalのサンプルを試した。C#のdelegateがC++でも使えてGood。関数のシグネチャだけ合わせればよくて、Observerパターンみたいに継承関係を作らなくて良いの…