読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kondoumh のブログ

- とあるソフトウェアエンジニアのめったに更新されないブログ -

自宅PCのリニューアル

PC

自宅マシンを7年ぶりぐらいにリニューアルしました。自作する気力はなかったので、ドスパラBTOにしました。Core i7が出たばかりですが、価格のこなれたCore 2 Quad Q9550にしました。電源やHDDなどを静音仕様にしてもらいました。静かで速いっす。

スペック表です。OSは迷いましたが、XPにしました。

Parts Spec
Case 181mm(w) x 387mm(d) x 364mm(h), 5inch Bay x 2, 3.5inch Bay x 2
Power Unit EVERGREEN SilentKing 550W (静音電源)
Motherboard FOXCONN G31MX (Intel G31 Express Chipset, Micro ATX)
CPU Intel Core 2 Quad Q9550 (2.83GHz/L2 cash 6MB x 2/FSB1333)
Memory Samsung 4GB DDR2 SDRAM(800MHz/2GB x 2, Dual Channel)
Hard disk drive Serial ATA2 1TB 7200rpm
Optical drive DVD Super Multi(SATA) DVD±Rx18/-R DLx8/+R DLx10/-RAMx12 DVDx16/CDx40
Graphics NVIDIA GeForce 8400GS 256MB (Analog/DVI)
Sound Onboard HD Sound
Network Onboard Gigabit LAN Portx1
OS Windows XP Professional SP3

7年前はTualatinコアPentium3時代で、Pentium4は出たばっかりぐらいでした。Celeron1.1、バーゲンのSocket370マザーボード、512MBのSDRAM(合計2万ぐらい)を古いケースに突っ込んでずっと使ってました。ケースはWindows 95が出た頃のものなので、13年にもなります。長年の使用で剛性がなくなり、内部のファンに共鳴してヴォーンとか鳴ってうるさかったです。ここ数年はほとんど使ってませんでした。

ニューマシンに、Visual Studio 2010 CTP(Virtual PCイメージで提供されていて、OSはWindows Server 2008)を入れてみましたが、さくさくと動いて仮想マシンとは思えないほどです。いろいろ試せそうです。