読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kondoumh のブログ

- とあるソフトウェアエンジニアのめったに更新されないブログ -

SQL Server 2008 R2 セルフサービスビジネスインテリジェンス

Analytics

SQL Server 2008 R2 の情報が充実してきています。
http://www.microsoft.com/japan/sqlserver/2008/r2/prodinfo/default.mspx

自習書シリーズというのもあって、SQL Azure(SQL Serverクラウド版) への移行方法など日本語で手順がわかって便利です。

セルフサービス ビジネス インテリジェンス というキーワードもでていて、データ抽出やレポーティングをIT部門の人ではなく業務部門の人が自らできるようにするソリューションも提示されています(実際問題はなかなかセルフとまではいかないと思いますが)。
SQL Server 2008 R2 では、 PowerPivot 2010 という Excel の Pivot の強化版が提供され、SharePoint とも連携できます。自習書も日本語で提供されてました。NorthWind サンプルデータベースの受注データを使った分析手順が紹介されてます。前のエントリーで紹介したBI入門記事にも感じが似てます。
Excel 2010 の新機能である スパークライン でセル内にグラフを書いたり、分析用の式(DAX:Data Analysis Expression)の埋め込みなどができて、 Excel レポートが作りやすくなっている模様。

PowerPivot は SQL Azure への接続もできるので、クラウドの無制限の容量とCPUパワーを使って、手元の Excel で大量のデータを軽々とOLAP 分析するということが出来る時代になってしまいました。クライアントPCも 64bit OS にしてメモリー沢山積んでおかないと Excel 2010 で大量データをハンドリングできなくなりますね。