kondoumh のブログ

- とあるソフトウェアエンジニアのめったに更新されないブログ -

macOS Mojave にアップグレード - ダークモードとフォントレンダリング設定

年末なのでアップグレードしてみました。

f:id:kondoumh:20181222154150p:plain

30分ぐらいで完了しました。

デフォルトがダークモードになっていたのでそのまま選択。システム情報がダークに。

f:id:kondoumh:20181222154244p:plain

ファインダーもダークに。

f:id:kondoumh:20181222154544p:plain

ターミナルもダークに(もともと黒いですが)。

f:id:kondoumh:20181222155148p:plain

ゴミ箱もダークに。直近に起動したアプリを表示する領域ができてました。

f:id:kondoumh:20181222154914p:plain

Safari もダークに。iPhone のサイトもダークに。

f:id:kondoumh:20181222161905p:plain

せっかくなので、Chrome にもダークテーマを導入して統一感を出してみました。

chrome.google.com

f:id:kondoumh:20181222162129p:plain

ダークになった。

開発ツールやエディタはダークテーマが定番化していて、ツイッターもダークテーマ使ってたのでそれほど印象は変わりません。Web ページは Lite 系が多いですが、今後レスポンシブに Dark になることが求められるかもですね。

デスクトップのファイルをまとめてくれるスタック機能。便利かも。

f:id:kondoumh:20181222162228p:plain

非 Retina ディスプレイでのフォントレンダリングが汚くなるという話がありますが、自宅のディスプレイ (WQHD) では「ちょっと薄くなった?」という感じ。

試しにググって以下のコマンドを実行して再起動しました。

$ defaults write -g CGFontRenderingFontSmoothingDisabled -bool NO

コマンド実行前

コマンド実行後

やっぱり薄くなってた感じですね。

VMware Fusion のアップグレードは利用頻度が下がったのもあり、今年は見送ることにしました。